私たちの活動

  • 市民イベントなどに参画して女性のがんの検診啓発活動を実施
  • 保母さん、婦人会などの女性グループへ地域保健師さんと検診啓発活動を実施
  • 医療機関との検診啓発講演会を開催
  • 患者さんや患者会さんとの共同企画を開催
  • 女性のがんの検診に対する意識調査

これまでの経緯

2008年2月22日、「5年後50%検診受診率達成」を掲げ、貝塚市・泉佐野市・熊取町・田尻町の行政、医療従事者、患者、市民が融和した任意団体として実行委員会を発足しました。

 

そして同年10月5日「ピンクリボン大阪2008」を開催しました。女性のがんのシンポジウム、乳がん・子宮頸がんの委託検診、イベント、大観覧車のピンクのライトアップを学生も含めた多職種かつ幅広い年齢層の多くの方々のご支援・ご協力を賜り、盛大に開催する事ができました。


2009年は、セカンドステージとして貝塚市・泉佐野市・熊取町・田尻町・泉南市・阪南市・岬町までの4市3町の行政区域を拡大。さらに法人格を取得し、より団結力を増して「ピンクリボン大阪2009」を開催しました。9月5日(土)に岸和田市浪切ホールにて「設立記念フォーラム」を開催。10月25日(日)りんくうタウン付近にて「健康フォーラム」、乳がん・子宮頸がんの委託検診、イベント、バザー、大観覧車のピンクのライトアップを自治体・医療従事者・患者・学生・市民との協働活動として開催いたしました。

 

2010年は、堺市、高石市、忠岡町、泉大津市、和泉市、岸和田市も参画いただき9市4町自治体との検診啓発の協働活動として「ピンクリボン大阪2010」を開催しました。9月12日(日)には堺市総合福祉会館ホールにてベトナム社会主義共和国総領事様にもご出席・ご祝辞をいただき、9市4町の市町長のご臨席賜っての講演会を開催。10月2日(日)りんくうタウン駅付近では例年通りの大イベントをより深い協働活動として開催させていただました。

 

2011年は、「5年後50%検診率達成」とする2012年にむけて自治体との協働活動をより深めさせていただきながら来年度に繋がるきめ細やかな活動としていきたいと願っています。10月23日(日)には、りんくうタウン駅付近で第4回となる大イベントの開催へ向けて邁進しています。

 

2012年は、目標とする5年目を迎えます年、昨年度同様自治体との協働活動をより深めていきたいと思っています。また 年間3000部のアンケート集計により「専門医の話を聞きたい」との市場の声を反映して7月28日(土)フォーラムを心も身体もバリアフリーに開催いたします。そして、10月28日(日)にはりんくうタウン駅付近での第5回目の大イベントの開催に向けて全員で邁進しています。大阪初のピンクのライトアップであるシークル大観覧車も同日午後5時から5回目のピンクのライトアップを迎えます。